岩手県北上市の北上総合体育館で5日に行われた第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」第5日のバドミントン少年男女でダブル優勝を飾った福島県。富岡高生として最後の国体に臨んだ選手は「東京五輪など国際舞台で活躍できる選手になりたい」と声をそろえる。

 女子の仁平菜月選手(富岡高3年)は全国高校総体(インターハイ)の団体、シングルスに続く「高校3冠」を手に入れ、「県や富岡町の人たち、そして家族に頑張っていることを結果で伝えたかった」と笑顔を見せた。

...    
<記事全文を読む>