スポーツクライミングのアジアユース選手権(9月27~30日・イラン)で、2001、02年生まれが争うユースBに出場した鶴本直生(多久高1年)がボルダリング競技で初優勝。リード競技でも2位に入った。

 鶴本は、ロープなしで壁を登り完登数で争うボルダリング競技の予選を1位で通過。6人が争った決勝では、四つの課題すべてを一発で完登して頂点に立った。

 ロープを使って壁登りの高さを競うリード競技の予選では、二つ完登して1位タイで決勝に進出。決勝では完登したものの小西桂(神奈川県)にタイム差で敗れた。

 鶴本は5月の日本ユース選手権ボルダリング競技大会で2位に入ると、リード競技で争う8月のJO...    
<記事全文を読む>