バレーボールの全日本高校選手権の県代表決定戦は第1日の29日、山形市総合スポーツセンターで男女の1回戦と準決勝を行った。男子は日大山形と山形中央、女子は米沢中央と上山明新館がそれぞれ決勝に進出。男女ともに県高校総体決勝と同じ対戦カードとなった。

 男子の準決勝は、日大が羽黒を2―0で、山中央が鶴岡工を2―0でそれぞれ退けた。女子の準決勝は、米中央が山形商を2―0で破り、明新館は羽黒を2―0で下した。

 30日は同センターで男女の決勝を行う。

...    
<記事全文を読む>