バレーボールの第69回全日本高校選手権徳島県予選の組み合わせ抽選会が6日、徳島市の県教育会館であり、男子は昨年より1校多い10校、女子は1校少ない28校の対戦相手が決まった。29、30日、11月5日の3日間、サンフラワードーム北島など4会場で行われ、男女の優勝校が全国大会(来年1月4~8日、東京体育館)に出場する。

 各校の監督、主将ら約70人が出席。6月の県総体の成績を基に、男子は優勝した城東を第1シード、徳島科技を第2シード、脇町、阿南工を第3、4シードとした。その後、残る6校の主将がくじを引いた。

 女子は5連覇を狙う城南を第1シード、県総体準優勝の富岡東、徳島商、鳴門渦潮を...    
<記事全文を読む>