東海高校新人陸上第1日は29日、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで男女21種目の決勝を行った。女子1500メートルは朝日春瑠(富士市立)が4分34秒47で優勝。女子5000メートル競歩は志々田朝稀(御殿場南)が24分28秒78の自己新で頂点に立った。

 ■得意の800へ弾み 朝日、2位に大差 女子1500メートルは朝日(富士市立)が4分34秒47で制した。自己ベストの4分31秒台には届かなかったが、予選、決勝とも終始独走状態で決勝は2位に3秒以上の差を付けた。本人も「まさかこんなに開くとは思わなかった」と目を丸くした。

 800メートルを得意とし、本人いわく1500メートルは“専門外...    
<記事全文を読む>