「都大路」出場を懸けた男子61回、女子34回福島県高校駅伝競走大会は26日、猪苗代町総合体育館カメリーナ前を発着点とする男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行われ、男女ともに学法石川が頂点に立った。優勝は男子が6年連続8度目、女子が2年ぶり3度目。両チームは京都市で12月25日に行われる全国大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>