第67回全国高校駅伝、第28回全国高校女子駅伝の県予選会は20日、花巻市の日居城野運動公園陸上競技場を発着点とするイーハトーブ花巻ハーフマラソンコースで行われ、男子(7区間、42・195キロ)は一関学院が2時間13分2秒で22年連続26度目、女子(5区間、21・0975キロ)は盛岡誠桜が1時間14分26秒で10年連続10度目の栄冠をつかんだ。

 男子は一関学院が1区からトップでリレー。3区浅間優太(3年)の区間新の快走などでリードを広げた。2位に専大北上、3位に大船渡東が入った。

 女子は盛岡誠桜が区間新をマークしたアンカー小田中亜美(2年)をはじめ全区間で区間賞を獲得。2位は花巻...    
<記事全文を読む>