高校バスケのウインターカップ秋田県予選は30日、男子決勝で平成が100―69で秋田工を下し、初の全国大会出場を決めた。能代工は準決勝で秋田工に敗れ、47回連続出場を逃した。

 女子決勝は湯沢翔北が79―57で和洋を下し8年連続で全国大会出場を決めた。

...    
<記事全文を読む>