サッカーの第95回全国高校選手権徳島大会第4日は29日、徳島市球技場で準々決勝4試合が行われ、2連覇を狙う鳴門、2年ぶりの王座を目指す徳島市立、徳島商、徳島北が4強入りした。鳴門は5-0で川島を、徳島市立は7-0で小松島をそれぞれ完封で下した。徳島商は5-1で阿波を退け、徳島北は1-0で吉野川に競り勝った。

 大会第5日は11月5日午前11時から同球技場で徳島市立対徳島北、午後1時15分から徳島商対鳴門の準決勝2試合が行われる。

...    
<記事全文を読む>