サッカーの兵庫県高校選手権兼第95回全国高校選手権兵庫県予選(神戸新聞社後援)第4日は29日、兵庫県洲本市のアスパ五色で準々決勝4試合があり、市尼崎は0-0で迎えたPK戦の末に関学を振り切って4年ぶりに4強入りを果たした。

 2試合連続のPK戦となった市尼崎。4強進出の立役者になったのは、またも2年生GKの森本だった。

...    
<記事全文を読む>