(第3日、29日・埼玉スタジアム第4グラウンドほか=埼玉新聞社など後援) 3回戦計8試合を実施し、8強が決定。昨年準優勝の西武台が関東大会予選、高校総体予選ともに4強の狭山ケ丘に2―1で競り勝った。1点を追う後半に丸山、森のゴールで逆転に成功した。

 今夏の高校総体3位で初戦となった昌平は後半に3ゴールを挙げ、埼玉栄に3―0で快勝。同じく高校総体出場の聖望学園は越谷西に0―0からのPK戦で辛勝した。

 2連覇を狙う正智深谷は武蔵越生を1―0で下し、浦和南は浦和との接戦を2―1で制した。このほか武南、大宮南、埼玉平成がベスト8へ駒を進めた。

 準々決勝は11月5、6日の両日、浦和駒場ス...    
<記事全文を読む>