第95回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会、山形新聞、山形放送など主催)は、29日午後1時から天童市のNDソフトスタジアム山形で決勝を行い、山形中央と山形商が対戦する。山中央は4年ぶり11回目、山商は20年ぶり2回目の栄冠を狙う。それぞれ持ち味を発揮して準決勝を勝ち上がっており、全国切符を懸けた好勝負が期待される。

 山中央は準決勝までの4試合で計25得点、無失点と攻守に安定している。基本陣形は3―4―2―1。攻撃は守備ラインとボランチでパスを回し、タイミングの良い縦パスで攻撃のスイッチを入れ、八矢悠雅ら勝負強いFWを生かす。試合の主導権を握る一方で、チームは常にボール...    
<記事全文を読む>