第95回全国高校サッカー選手権和歌山大会が開幕し、22、23日に岩出市、紀の川市、和歌山市で1、2回戦計16試合があった。

 紀南勢では串本古座が1、2回戦を勝ってベスト16に入り、29日に上富田スポーツセンターでシードの近大新宮と対戦する。シードの新宮は29日、上富田スポーツセンターで和歌山高専と対戦する。田辺、南部、田辺工業、神島、新翔は敗れた。

 3回戦は28、29日、準々決勝は30日にいずれも田辺スポーツパークと上富田スポーツセンターである。

...    
<記事全文を読む>