(16日・与野八王子グラウンドほか 埼玉大会=埼玉新聞社など後援) 第2日は2回戦を行い、ノーシードの浦和が高校総体県予選8強の市浦和に1―0で競り勝った。同じくノーシードの大宮東は、同ベスト8の浦和東から1―0で逃げ切った。これでシード勢は2校が姿を消し、このほかは前回王者の正智深谷、狭山ケ丘、大宮南、国際学院が順当勝ちした。

 越谷西は浦和学院をPK戦の末に5―4で退けた。大宮南は延長戦で西武文理を1―0で破り、浦和北は立教新座に1―0で勝った。武南は8得点と深谷一を圧倒し、正智深谷は八潮から6ゴールを奪う快勝。狭山ケ丘は川口北に3―0で初戦を飾った。浦和南は浦和西との接戦を...    
<記事全文を読む>