サッカーの兵庫県高校選手権兼第95回全国高校選手権兵庫県予選(神戸新聞社後援)第2日は16日、三田市の三田学園高などであり、シード勢が登場して2回戦16試合が行われ、ベスト16が出そろった。2連覇を目指す神戸弘陵は龍野に8-1で快勝し、前回4強の三田学園は近大豊岡を14-0で圧倒した。

 春まで得点力不足にあえいでいたのがうそのようだ。三田学園が今大会最多の14ゴールで大勝発進。福原監督は「ゴールに向かう鋭さが出てきた」とうなずいた。

...    
<記事全文を読む>