サッカーの第95回全国高校選手権愛媛県大会は15日、北条スポーツセンターなどで2回戦3試合を行い、帝京第五が第3シードの今治西を下し8強入りを果たした。そのほか、松山工、松山北が勝利し、ベスト8が出そろった。

 帝京第五は前半18分、21分に立て続けにゴールを決めると、後半も中村が2得点し、快勝した。第1シードの松山工は松山東に、第2シード松山北は新田にそれぞれ4得点して勝利した。

 準々決勝の4試合は29日、北条スポーツセンターなどで行われる。

...    
<記事全文を読む>