第95回全国高校サッカー選手権静岡県大会(県サッカー協会、県高体連、静岡新聞社など主催)は15日、藤枝東高などで1次トーナメント3回戦の32試合を行った。

 シード16校が登場し、第1シードの静岡学園、浜松開誠館、清水桜が丘、藤枝明誠などが順当に勝ち進んだ。前回大会を制した第2シードの藤枝東は3―0で静岡市立を下した。

 1次トーナメント最終戦は22日に行われ、勝ち進んだ16校が11月3日からの決勝トーナメントに進出する。

 ■2年連続全国へ 藤枝東が好発進 藤枝東が2年連続の全国大会出場に向け好発進した。シュート23本で静岡市立を圧倒。前半37分、CKから山口が頭で合わせて先制。後...    
<記事全文を読む>