(15日・西武台高校ほか 埼玉大会=埼玉新聞社など後援) 52校による決勝トーナメントが開幕した。1回戦22試合が行われ、6年ぶりの頂点を狙う昨年準優勝の西武台が成徳大深谷に0―0からのPK戦で勝ち、2回戦へ進出。両校無得点で迎えたPK戦では、1人止められた成徳大深谷に対し、西武台は5人全員が決めた。

 浦和南は前半2点、後半にも3点を奪い、山村国際を5―0と圧倒。伊奈学園は前半の2得点で勝負を決め、2―0と飯能南に快勝した。大宮東は延長戦の末、ふじみ野との点取り合戦を6―4で制した。浦和学院は田中が4点を挙げるなど攻撃陣が爆発し、桶川に9―0。武南も杉戸に7―0で圧勝した。

 2...    
<記事全文を読む>