第95回全国高校サッカー選手権千葉県大会決勝トーナメントは8日に開幕する。予選を勝ち抜いた30校が参加し、同日は3会場で1回戦6試合を行う。決勝は11月20日にフクダ電子アリーナで行い、優勝校が全国大会への出場権を獲得する。

 大会の中心は今夏の全国総体決勝で県勢対決となった2校だ。

 市船橋は、DF原輝綺らJリーグ内定者を3人そろえる。全国総体を制し、冬の選手権でも優勝候補の筆頭。2年連続21度目の全国出場を目指す。流通経大柏は全国総体決勝の雪辱に燃える。優勝すれば2大会ぶり5度目の全国出場となる。

 追うのは今夏県総体で4強入りした暁星国際と翔凜。日体大柏や検見川、八千代なども上...    
<記事全文を読む>