第96回全国高校ラグビー大会県大会最終日は30日、盛岡市のいわぎんスタジアムで決勝を行い、黒沢尻工が29-12(前半7-5)で黒沢尻北に勝ち、2年連続28度目の優勝を飾った。黒沢尻工は先制を許したが、前半24分にモールを押し込みナンバー8根子叶多(かなた)(1年)がトライ(ゴール)を決め逆転。後半もCTB八重樫春樹(3年)、SO本田和士(あいと)(同)のトライでリードを広げた。黒沢尻北は前半17分にFB斉藤大智(3年)のトライで先制したが、守備の隙を突かれてトライを奪われた。全国大会は12月27日から来年1月7日まで、大阪府の東大阪市花園ラグビー場で開催。組み合わせは12月3日...    
<記事全文を読む>