第96回全国高校ラグビー大会県予選会は30日、青森市の県総合運動公園陸上競技場で決勝を行い、青森北が46-14で八戸工を破って6年連続26回目の優勝を飾り、18回目の全国大会出場を決めた。青森北は前半4分に先制すると、その後も着実に得点を重ねて計8トライを挙げ、終始リードを保った。初優勝を狙った八戸工は2トライと意地を見せたが、敵陣でのミスが響き攻めあぐねた。全国大会は12月27日から1月7日まで、東大阪市の花園ラグビー場で開かれる。

...    
<記事全文を読む>