2年連続で決勝で敗れていた悔しさをぶつけ、花園への切符をつかんだ。FW、BKが一体となった攻撃で堅守の秋田を破った。伊東真吾監督は「花園出場が懸かった決勝で力を発揮してくれた」とたたえた。

 無得点のまま迎えた前半28分、秋田がマイボールのスクラムで反則。秋田工はゴール前左のラインアウトからモールを組み、連続攻撃から最後はCTB児玉樹(2年)が抜け出した。伊東監督は「秋田にミスが出たのは、FWが力で押せていたから。トライまでの過程に秋田工らしさが出た」と語った。

...    
<記事全文を読む>