第96回全国高校ラグビー大会県予選会は28日、青森市の県総合運動公園陸上競技場で準決勝2試合を行った。6年連続26回目の優勝を目指す青森北と、初優勝を目指す八戸工がそれぞれ勝ち、決勝に進んだ。八戸工の決勝進出は初めて。青森北は前半16分、LO八木澤のトライで先制すると、この後もPR川端の2トライなど計6トライを決め、34-7で三本木農に快勝した。八戸工は5-5で迎えた前半14分にPR谷内のトライで勝ち越すと、後半突き放し、八戸西を29-5で破った。決勝は30日午後1時5分から、県総合運動公園陸上競技場で行う。優勝校は12月27日から、東大阪市花園ラグビー場で開かれる全国大会に出...    
<記事全文を読む>