全国高校ラグビー県大会が23日、紀三井寺陸上競技場で開幕した。1回戦3試合があり、紀南勢では田辺工業が和歌山北に0―49で、新翔が星林に7―38でそれぞれ敗れた。

 田辺工業は前半、相手の陣地に入りトライのチャンスもあったが、細かいミスがあり得点につながらず、逆に14点を奪われた。後半、小雨が降る中、追加点を許した。「3年生最後ということもあり、チームはいつもより集中していた」と田辺工業の松本涼主将。試合中、「気持ちで負けず、プレッシャーを掛け続けよう」と声を掛け合ったが、相手の攻撃を抑えきれなかった。

 田辺工業の西浦伸宜監督は「攻めも守りももう少しという場面で相手との実力の差が...    
<記事全文を読む>