第96回全国高校ラグビー大会県大会第5日目は22日、八幡平市ラグビー場で準決勝を行い、黒沢尻工が26-23(前半7-7)で盛岡工を下し2年連続、黒沢尻北が21-10(前半7-3)で宮古を退け5年連続で決勝に駒を進めた。

 黒沢尻工は後半、盛岡工にリードを許したものの、プロップのウィリアムズ智介ロバート(3年)らのトライで逃げ切った。黒沢尻北はモールからトライにつなげて先制点を奪い、走力を生かした展開で迫る宮古を振り切った。

 決勝は30日午後2時5分から盛岡市永井のいわぎんスタジアムで行われる。黒沢尻工は2年連続28度目、黒沢尻北は2年ぶり6度目の頂点を目指す。入場料は一般500円...    
<記事全文を読む>