第96回全国高校ラグビー大会宮城県予選は19日、利府町の県サッカー場で準決勝があり、仙台育英と石巻工が決勝に進出した。

 仙台育英はバックス陣が次々トライを決め、102-0と仙台を攻守で圧倒。石巻工は後半に3トライを奪い、仙台三に33-28で逆転勝ちした。

 決勝は23日午前11時から、仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で行われる。

 ▽準決勝仙台育英102-0 仙台石巻工 33-28 仙台三<3連続トライで流れ引き寄せる> 石巻工が14-28の後半14分からロック鈴木らの3連続トライで仙台三に逆転勝ち。木田監督は「残り15分の走力は自信があった。逆転可能な差につけてくれた」と選手...    
<記事全文を読む>