第96回全国高校ラグビー静岡県大会(静岡新聞社・静岡放送後援)は16日、清水南高で開幕し、1回戦4試合を行った。静岡東・桐陽の合同チームが初出場の浜松湖北を破り、2回戦に進んだ。

 静岡東・桐陽は前半24分までに3トライを奪い、主導権を握った。後半も2トライを決め引き離した。浜松湖北は2トライを返して粘ったが、及ばなかった。

 2回戦は23日、東海大翔洋高で行われ、県総体覇者の浜松工などシード校が登場する。

 ▽1回戦 静岡東・桐陽 35(21―5 14―7)12 浜松湖北 沼津工 10(0―0 10―5)5 浜松湖南 清水南 29(12―0 17―5)5 科学技術 常葉橘 24(1...    
<記事全文を読む>