ニュージーランド・ロトルア市のラグビー高校選抜チームと県高校選抜チームの交流試合が10日、別府市の野口原総合運動場であった。終始リードを許した県選抜はロトルア選抜に12―36で敗れた。

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)に向けた県推進委員会の主催。試合前に開会式があり、推進委会長の広瀬勝貞知事が「ラガーマンらしい力と技を競う試合を期待している」とあいさつした。富田晴大(舞鶴高2年)、ジェッシー・グライムス両主将がペナント交換をして健闘を誓い合った。

 県選抜は体格が勝るロトルア相手に果敢に攻めたが、前半早々に先制トライを許すとその後も好機を奪えず点差が広がった。前半終了間際...    
<記事全文を読む>