桐生第一高校(桐生市)は、ラグビー強豪国ニュージーランドのバーンサイド高校と選手育成強化に関する友好協定を結んだ。バーンサイド高は桐生第一高から海外ラグビー留学生を優先的に受け入れるほか、遠征や合宿などでも協力する。同様の協定は全国でも珍しいという。

 (原田晋也) バーンサイド高はニュージーランド南島のクライストチャーチ市にある同国最大規模の公立校。学力もトップクラスで、ジョン・キー首相の出身校でもある。

 元パナソニックワイルドナイツ選手で、昨年度に桐生第一高ラグビー部顧問に就任した霜村誠一教諭が、かつてクライストチャーチ市のクラブチームに所属していた縁などから協定が実現した。...    
<記事全文を読む>