挫折を乗り越えた2人がチームを9連覇に導いた。8月に東京・講道館であった全国高校定時制通信制大会の柔道男子団体。優勝した飾磨工高をけん引した広畑海瑠(かいる)主将と尾崎将登はけがや高校中退を経験した。曲折を経て再出発した同高で花を開かせた。(伊藤大介)

...    
<記事全文を読む>