ソフトテニスの県高校新人大会は24、25の両日、県総合運動公園テニスコートで男女の団体と個人を行った。

 団体は男子が矢板中央、女子は宇短大付が優勝。男子個人決勝は清水真生(しみずまいき)・相澤琢斗(あいざわたくと)組(大田原)が、広瀬智也(ひろせともや)・金原凡人(きんぱらちかと)組(足利)を4-3で破って頂点に立ち、女子個人決勝は福田真由子(ふくだまゆこ)・酒井香乃(さかいかの)組(白鴎足利)が4-0で大岡魅来乃(おおおかみらの)・新井花依(あらいかえ)組(宇短大付)を下し、女王の座に輝いた。

...    
<記事全文を読む>