静岡県高校新人ボート競技第2次予選が25日、浜松市西区の佐鳴湖漕艇場で行われた。かじ付きクオドルプルでは、男子は浜松西が7年ぶりに優勝し、女子は浜松大平台が初優勝した。各種目2位までが愛知県で10月末に開かれる中部選抜大会に出場する。

 例年は同市天竜区の天竜ボート場で2日間で実施しているが、台風と雨の影響で会場を変更し、日程も短縮した。併催予定だった県オータムレガッタは中止となり、市民スポーツ祭のボート競技を併催した。

 ■浜松西、2位に大差で栄冠 男子かじ付きクオドルプルの浜松西が危なげない試合運びで決勝を制し、中部選抜大会への切符をつかんだ。

 スタートから抜け出し、息の合った...    
<記事全文を読む>