第61回秋田県高校軟式野球秋季大会第2日は25日、秋田市のさきがけ八橋球場で準決勝を行った。秋田工が能代工に快勝し、能代が秋田商にコールド勝ちを収め、それぞれ決勝に進んだ。最終日の26日は午前10時から同球場で秋田工―能代の決勝を行う。

 能代工―秋田工は、秋田工が一回、敵失や四球にバント安打などを絡めて先制。二、三、七回にも加点して突き放した。相川、工藤は5安打に抑え、1失点にまとめた。

 秋田商―能代は、1点リードの能代が五回、中川大周の適時打で2点追加。七回には四球に単打を絡めて4得点し、試合を決めた。中川大成は無安打無失点に抑えた。

...    
<記事全文を読む>