2018年度の全国高校スキー大会(インターハイ)が、秋田県鹿角市の花輪スキー場で開かれることが事実上決まった。県が23日、県議会教育公安委員会で報告した。同市での開催は14年度以来4年ぶり。予定されていた富山県が開催を返上、本県で引き受けた。

 県保健体育課によると、19年度の冬季国体開催地が富山県に決まり、施設改修を実施するため、同県での18年度インターハイ開催が困難になった。代替地を探していた全国高体連から昨冬、本県に打診があったという

...    
<記事全文を読む>