テニスの県高校新人は19日、県総合運動公園テニスコートで男女ダブルスを行った。男子は木本涼介(きもとりょうすけ)・荘隆二(そうりゅうじ)組(足工大付)が決勝でストレート勝ちし、初の頂点に立った。

 女子は県高校総体、全国高校総体県予選を制した1年生ペアの保利(ほり)ちひろ・佐藤成美(さとうなるみ)組(作新)が優勝。決勝では、同じ作新のペアに6-1で完勝した。

...    
<記事全文を読む>