第35回関東高校弓道個人選手権選抜大会は14日までに、東京都の明治神宮至誠館第二弓道場で男女の部を行い、吉田恭平(よしだきょうへい)(宇工)が男子の部を制し、頂点に立った。

 吉田は予選3中、準決勝4中で決勝に進んだ。射詰競射による決勝は2選手が残った8射目を両選手とも外し、9射目を的中させた吉田が栄冠を勝ち取った。

 このほか足工大付の2人が決勝に進み、堀越祐亮(ほりこしゆうすけ)が6位に入賞し、安藤享磨(あんどうきょうま)は2射目を外し、敗退した。女子は2選手が準決勝まで進んだが、3~8位決定遠近競射の末、入賞に届かなかった。

...    
<記事全文を読む>