全国大会出場の経験もあり、県内有数の実力校として知られる県立伊勢原高校女子バレーボール部が夏休みを利用し、台湾を訪れた。訪問は太平洋戦争中、大和、座間の両市にあった旧日本海軍の航空機工場「高座海軍工廠(こうしょう)」で働いた元台湾少年工がとりもった縁で昨年に始まり、今年で2回目。新北と台中の2市で現地の強豪高校と合同練習を行い、親睦を深めた。

 元台湾少年工と、同校がある伊勢原市などに住む日本人の元従業員の交流団体「高座日台の会」(佐野た香会長)などの相互訪問は戦後71年を迎えた現在も続いている。交流に感動した同部の中坂(なかばん)慎次郎監督(35)らが同会に仲介を依頼。元少年工...    
<記事全文を読む>