陸上の近畿高校ユース対校選手権第2日は17日、京都市の西京極陸上競技場であり、男子1年棒高跳びは大崎洋介(明石商)が4メートル70で頂点に立った。

 男子1年棒高跳びは大崎の独り舞台だった。4メートル51で大会記録を26年ぶりに更新した県ユース対校選手権から1カ月。今大会は4メートル60を1回目で唯一クリアし、優勝決定後も4メートル70を3回目で成功させ、場内を沸かせた。

...    
<記事全文を読む>