県高校新人スポーツは17日、県総合運動公園相撲場などで相撲、陸上競技を行った。相撲は団体と個人の各階級を行い、団体で矢板が黒羽の8連覇を阻止し、8年ぶりの優勝を飾った。個人軽量級は永井仁(ながいじん)(大田原)が、重量級は菊地崚太(きくちりょうた)(黒羽)、中量級と無差別級は益子慎太郎(ましこしんたろう)(同)がそれぞれ制した。

 陸上競技は男女の各種目を行い、女子100メートルで福田奈央(ふくだなお)(作新)が12秒06の大会新記録で優勝。着差で2位となった小野真由(おのまゆ)(国学栃木)も12秒06と大会新をマークした。女子400メートルリレーは国学栃木が47秒76の大会新記...    
<記事全文を読む>