バスケットボールの第47回全国高校選抜優勝大会兵庫県予選(神戸新聞社後援)最終日は19日、神戸市長田区の県立文化体育館で男女の決勝があり、男子は育英が2年連続30度目、女子は神戸龍谷が5年ぶり5度目の頂点に立った。

 男子の育英は61-41で報徳に完勝。前半に浜田の3点シュートなどで17点をリードし、危なげなく逃げ切った。女子の神戸龍谷は、須磨学園に64-53で逆転勝ち。7点を追う後半、岡田や藤田夏らの活躍で試合をひっくり返した。

 男女の優勝校は、12月23~29日に東京体育館(東京都渋谷区)で行われる本大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>