バスケットボールの全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ)県予選最終日は11日、越谷総合体育館で男女4チームずつのトーナメントが行われ、女子の埼玉栄が3年ぶり4度目、男子の正智深谷が5年連続6度目の頂点に立った。

 女子の埼玉栄は準決勝で浦和西を76―50で下すと、決勝も89―70で山村学園に快勝した。男子の正智深谷は準決勝で埼玉栄に102―54と大勝を収め、決勝は西武文理に94―91で競り勝った。

 男女の優勝チームが全国高校選抜優勝大会(12月23~29日・東京体育館)に出場する。

...    
<記事全文を読む>