第九十五回全国高校サッカー選手権大会県大会の組み合わせが決まった。十月二十二日に開幕し、五十四校五十チームが全国切符をかけた戦いを繰り広げる。

 昨年の県大会優勝の野洲など県高校春季総合体育大会の上位八チームがシード。長浜、長浜北が統合して新たに生まれた長浜北と、彦根翔陽と彦根西が統合した彦根翔西館はそれぞれ一チームで出場する。

 会場は守山市の野洲川歴史公園サッカー場(ビッグレイク)や各校のグラウンドなど七カ所。決勝は十一月十九日午後零時十五分から大津市の皇子山陸上競技場で予定されている。優勝チームは十二月から来年一月にかけて、関東各地で開かれる全国大会に出場する。 <記事全文を読む>