第95回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会、山形新聞、山形放送など主催)の組み合わせ抽選と開会式が15日、天童市の県総合運動公園総合体育館で行われ、計46校による45チーム(合同1)の対戦カードが決まった。10月8日の1回戦で熱戦の火ぶたが切られる。

 優勝争いの中心は、今年の県高校総体を制し、県U18リーグ1部でも優勝を決めている山形中央か。県総体2位の東海大山形、いずれも同3位の米沢中央と日大山形にも注目。山中央や東海大らシード校は2回戦から登場。前回大会優勝の日大は、昨年の同リーグを勝ち抜くなどして昇格したプリンスリーグ東北の試合と今大会日程が重なるため、特例とし...    
<記事全文を読む>