第95回全国高校サッカー選手権岡山県予選は11日、岡山市の理大付高笹ケ瀬グラウンドなどで開幕。1回戦16試合があり、操山、龍谷、新見などが初戦を突破した。

 64校が本大会(12月30日開幕・首都圏)の出場権を懸け、11月5日までトーナメントで争う。県高校総体で4強に入った学芸館、就実、光南、作陽はシード校として4回戦から、同8強の倉敷南、芳泉、倉敷工、山陽は3回戦から登場する。

 第2日は17日、岡山市の商大付高などで2回戦20試合がある。

 ▽1回戦 笠岡商7―1勝間田、西大寺2―0瀬戸、美作3―2高梁城南、龍谷26―0創志学園、総社南7―0高松農、玉野商11―0吉備高原学園、城...    
<記事全文を読む>