桐生第一高(久保田信一郎校長)は25日、群馬県桐生市小曽根町の同校で、ニュージーランドのバーンサイド高と、「ラグビー選手の育成強化へ向けたフレンドシップ協定」を結んだ。ラグビー技術習得と人間形成を図る5カ月間の「留学プログラム」を設け、生徒の留学を促進する。

 桐一ラグビー部顧問の霜村誠一教諭がかつて同国のクラブチームに在籍していた縁で、協定が実現した。

...    
<記事全文を読む>