ラグビー全道高校南・北選手権最終日は24日、旭川東光スポーツ公園球技場で両大会の決勝を行い、北大会は旭工が後半ロスタイムに北見北斗から勝ち越しのトライを決めて47―40で初優勝を飾った。南大会は札山の手が64―5で昨年覇者の函ラサールを下し、2年ぶり16度目の優勝を果たした。

 旭工と札山の手は12月27日開幕の全国高校選手権大会(大阪・花園ラグビー場ほか)に出場する。

...    
<記事全文を読む>