山梨学院が後半に突き放した。2―2と同点とされた直後の六回、1死満塁から河野が走者一掃の二塁打を放って3点を勝ち越し。七回に栗田の適時打、八回は古川が2点打と畳みかけた。川口、古川の1年生の継投で反...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ