帯広農が逃げ切った。二回に谷口の2点適時打で先制。三回は前田のスクイズ、五回は佐伯の適時打で加点した。先発井村は丁寧にコースに投げ分けて、6回6安打1失点。2番手で登板した水上は緩いボールを駆使して...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ