明豊が逃げ切った。一回に小川の適時二塁打で先制し、二回は宮川の2点打で加点。先発の若杉が130キロ台中盤から後半の直球を厳しいコースに決め、緩急も駆使しながら7回1失点、9奪三振の好投。八回からは継...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ