日本高野連が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」の第3回会合が20日、大阪市内で開かれ、11月下旬に予定されている日本高野連の理事会への提言に、春夏の甲子園大会と地方大会を対象に「1週間で50...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ